貧血で死ぬ?!婦人科へ行こう!!<18>

 

夕方からダーリンはお仕事に出掛けた。

 

 

 

 

何もできない。

 

 

 

 

ナースコールを押すことができない。

 

 

あれとってこれとってと言えるって有難いんだなと思った。

 

 

 

ダーリンがついててくれるって幸せだなぁ。

 

 

 

 

月・木曜日の午前中は、ダーリンは水戸でミーティングの日。

 

 

 

 

心配しないで行ってらっしゃいと伝えると、

 

明日は行かないと決めた彼。

 

 

 

 

「今一緒にいなかったら籍入れた意味ないよ。

 

今がその時でしょ。

 

こんな時に一緒にいるために入籍したんでしょ。

 

一緒にいるよ。」

 

 

 

 

 

その通りだった。

 

 

 

 

一番側にいて欲しい時に、

 

一番側にいたい時に、

 

側にいることが出来るように

 

私たちは同時に決断し、

 

入籍したのだった。

 

 

 

これは、とても嬉しい言葉だった。

 

0617013

 

 

 

彼の中ではこの頃が一番、

 

離れたらヤバイかもと思っていた頃だったらしい。

 

 

 

 

 

その日も夜中に目が覚める。

 

熱が上がって体が熱い。

 

目が冴える。

 

足を動かせない。

 

前日よりはいいが腰が痛い。

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする