貧血で死ぬ?!婦人科へ行こう!!<10>

 

6月13日土曜日

 

朝一番から対馬ルリ子女性ライフクリニック銀座に検診に出かけた。

 

この日はもうだいぶフラフラだった。

 

まずは貧血の具合を見ましょうと採血。

 

0613002

 

診察室に入ったもののあまりのヘモグロビンの低さに、まずは鉄剤の注射が先!となりすぐに注射。

 

 

 

 

ヘモグロビン6.7!!

 

 

 

 

1年半前より悪くなっている。

 

 

 

これでは富士山どころか、エベレストよと。

 

昨年とその前、この状態で富士山に登った私ってスゴイってこと?とか考えたり…

 

 

 

 

とにかく、貧血が酷い。

 

これをなんとかしなきゃね、と。

 

 

 

 

そして、内診。

 

子宮がとても大きくなっているとのこと。

 

その他いろいろな検査。

 

対馬ルリ子先生の女性ライフクリニック銀座 プレ更年期健診

総合健康相談、基礎体温診断(記録をお持ちになった方)、子宮頸がん検診、クラミジアDNA、経膣超音波、マンモグラフィー2方向、骨密度検査、貧血、生化学、甲状腺機能、抗核抗体、リウマチ因子、ホルモンチェック、ストレスチェック、身長・体重・体脂肪・腹囲の測定、心電図、胸部X線、便潜血、インスリン、腹囲、結果報告書

 

 

乳ガンも気になっていたが、乳ガンの疑いは全くなかった。

 

母が乳ガン、妹が悪性リンパ腫になったことがあり、母方の祖父と父方の叔父がガンで亡くなっている。

 

うちはガン家系らしいとわかり少し気になっていた。

 

 

1年半前、子宮摘出を勧められたことを伝えると、

 

そんなこと誰が言ったの?

そんなことしなくていいわよ、

 

と簡単に否定してくれた。

 

いろいろな方法で子宮を小さくしたり、内膜症や腺筋症を抑えることが出来るのよ、と。

 

毎日こればっかりやってるんだから大丈夫よとの心強い言葉に感動した。

 

 

 

 

 

こんなに簡単にこの13年の悩みが解決するのなら、もっと早く来ていればよかった、と心底思った。

 

 

信頼出来る先生の力強い一言。

 

 

コレがどんなに私の心を軽くしてくれたことか!!

 

 

 

 

 

13年間ずーっと気にしていた事をいとも簡単に取り払ってくれた。

 

 

これだけでも、同じように悩み、なかなか病院に行けていない人に教えてあげたいと思った。

 

0613001

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする