貧血で死ぬ?!婦人科へ行こう!!<15>

 

初入院。

 

 

トイレに立てないからと尿道カテーテルも初体験。

 

点滴も始めて。

 

それも足からなんて、面白い!

 

ネタがたっぷりね〜

 

なんて笑い話にしていた。

 

 

少しゆっくりした後、仕事をしなきゃとパソコンを開く。

 

寝転がっているので、スゴイ体勢でのパソコン作業。

 

0616005

 

 

急ぎの仕事を済ませる。

 

 

 

昼食はダーリンが近くにカレー屋さんを見つけて、私の大好物のグリーンカレーを買ってきてくれたが、ふた口食べてご馳走さま。

 

 

一緒に、素敵なオレンジの薔薇の一輪挿しをプレゼントしてくれた。

 

0616009

 

とっても嬉しい。

 

お花があるだけで、心がこんなに和むんだなと幸せな気持ちになる。

 

 

 

夕食は、初の入院ごはん。

 

さすが婦人科。

 

想像していた病院食とは全然違う。

 

0616008

 

 

とても美味しい豪華な食事。

 

 

朝夕食はダーリンの分もでる。

 

 

タンパク質を摂らなければならない!

 

肉・魚・豆類!

 

 

それをメインに数口食べるが、なかなか喉を通らない。

 

 

噛むという動きがキツくなってきた。

 

 

 

 

夜遅く、対馬ルリ子先生が来てくださった。

 

 

有難い。

 

 

1週間くらい入院してゆっくり休んで貧血の値をあげて出血を止めて子宮を小さくして、退院して1週間くらい自宅安静にしましょうねとのこと。

 

 

 

1週間のバカンスと割り切ろう!

 

と決めて床についた。

 

 

 

ウトウトはするが、なかなか眠れない。

 

 

腰が痛い。

 

 

右足に点滴をしている為、右足は動かせない。

 

 

左足を動かし、腰の痛くない体勢を取ろうと右往左往。

 

 

 

腰が痛い。

 

 

 

身体が熱い。

 

 

 

眠れない。

 

 

 

横で寝ているダーリンを起こさないように、なんとか体勢を変え様子を伺う。

 

 

 

そしてほとんど眠れず朝を迎えた。

 

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする