貧血で死ぬ?!婦人科へ行こう!!<2>

 

次の年の春、スキーでムチウチ&尾骨骨折の為またまたあちこちの病院へ。

 

 

最後の最後に行った、中性的な先生のいる産婦人科で、子宮腺筋症があることが発覚した。

 

微熱の原因はこれだった。

 

特に季節の変わり目は熱が出ると。

 

 

 

「子宮腺筋症」

 

 

子宮内膜が子宮の筋肉の中に出来て月経を繰り返し、強烈な月経痛や過多月経をおこし、妊娠しにくく流産しやすくなる。

 

 

「酷くなると子宮を摘出しないといけなくなります。」

 

 

この頃、ひと目で私この人と結婚するんだとわかった人と付き合っていたので、この一言は大打撃だった。

 

 

そして、衝撃的な治療法。

 

子どもを産むと治る人が多いですよ〜と⁉︎

 

 

 

結婚するしかない!

 

そう思いながら彼に連絡をした。

 

 

その前のクリスマスに素敵な婚約指輪は貰っていた。

 

じゃあ結婚して子どもを産めばよかたい的なノリで言われ、仕事を辞め、その夏一緒に住むことになった。

 

 

そして、秋に入籍。

 

とても幸せな生活だった。

 

 

ただ、性交痛があり、病院行ってからにしようねと言いながら、病院には行かず、どんどんセックスレスになっていった。

 

一度、意を決して近くの産婦人科に行ったことがあった。

 

 

結婚7年目くらいだったと思う。

 

すると、不妊治療をしている病院を薦められ、またそのまま放置。

 

 

あ、もう一ヶ所くらいいったなー

 

女医さんが良くて女医さんが来る日に何度か行った覚えがあるが、どんな治療だったかも覚えていない。

 

 

 

そして、結婚10年の歳月が流れ私達は離婚した。

 

 

仕事が忙しいことを理由に病院に行かなかった私、もう子どもはいいよ諦めようと言い出した彼。

 

 

少しずつ歯車が狂っていっての離婚だった。

 

IMG_0269

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする