貧血で死ぬ?!婦人科へ行こう!!<28>

 

6月23日火曜日

 

 

ヘモグロビン8.8

 

CRP11.9

 

 

ほんの少しの前進。

 

 

 

 

夜中お腹が痛くて目が覚める、ではなかった。

 

目は覚めたが…

 

 

 

 

今日は夕方手術がある。

 

 

それに合わせて痛み止めが効く時間を調整せないかん。

 

 

麻酔なしのあの痛い手術を乗り切る為にせめてお腹の痛みくらいはない状態で臨みたい。

 

 

 

 

早くて17時からとすると、

 

薬が効くまでに2時間ということは、

 

15時に飲む。

 

 

ということは、

 

朝飲んだらその後は我慢。

 

 

 

 

お腹が痛い。

 

 

だめ、

 

 

我慢我慢。

 

 

痛い。

 

 

我慢。

 

 

痛みに耐えに耐えやっと15時の薬を飲む。

 

 

これで、手術中少しは楽になる。

 

 

 

 

 

 

夕方になり、

 

ルリ子先生が来てくださった。

 

 

 

 

手術が始まる。

 

 

 

 

ダーリンが頭の上にいる。

 

 

どこでもいいから触っててと頼む。

 

0623011

 

 

痛い。

 

 

看護士さんの手を傷つけたんじゃないかと思うくらい握りしめる。

 

 

痛い。

 

 

 

痛い。

 

 

「息して」とダーリンが言う。

 

 

痛い。

 

 

痛い。

 

 

痛い。

 

 

痛い。

 

 

痛い。

 

 

息が出来ない。

 

 

ダーリンの手が顔を触ってくれてる。

 

 

痛い。

 

 

「息して」とダーリンが言う。

 

 

痛い。

 

 

痛い。

 

 

痛い。

 

 

フーってはきましょうと言われる。

 

 

痛い。

 

 

おなかを押さえる看護士さん。

 

 

やめてー

 

 

痛い。

 

 

痛い。

 

 

痛い。

 

 

押さえないで。

 

 

痛い。

 

 

痛い。

 

 

痛い。

 

 

「息して」とダーリンの声が聞こえる。

 

 

痛い。

 

 

痛い。

 

 

痛い。

 

 

早く終わってー

 

 

痛いよー

 

 

助けてー

 

 

痛いよー

 

 

痛い。

 

 

痛い。

 

 

痛い。

 

 

あと少しよと聞こえる。

 

 

痛い。

 

 

痛い。

 

 

痛い。

 

 

 

 

 

終わった。

 

 

 

 

 

放心状態。

 

 

動けない。

 

 

 

 

もうやだ。

 

 

 

 

 

 

もう二度とこんな痛いのはいやだ。

 

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする