貧血で死ぬ?!婦人科へ行こう!!<26>

 

夜、ルリ子先生が来てくださった。

 

 

お花いっぱいなのを見て、

 

001

 

今日お見舞いに10人来たのを聞いて、

 

お話があった。

 

 

 

炎症の値のCRPが一昨日から上がり続けていると。

 

 

2.3→6.9→14.9。

 

 

これは重症レベルだと。

 

 

 

 

明日朝の数値が上がっていたら面会謝絶にするねと言われて帰られた。

 

 

 

 

 

その直ぐ後、ちかちゃんからメールが来た。

 

 

明日から面会謝絶が決定しましたと。

 

 

 

 

そこからくるー?

 

 

 

 

数値が下がってからじゃなかったのー?

 

と思ったけれど、

 

これは受け取るしかないと諦めた。

 

 

 

 

ただ、次の日はひとつサプライズを仕掛けていた。

 

 

 

 

それだけは…

 

 

 

 

後日談だが、

 

この時ルリ子先生から

 

ちかちゃんへのメールで、

 

本当は旦那様も外してほしい

 

と言われていたそう。

 

 

さすがにそれは言えなかったけど、

 

そこまでひどかったのよと。

 

 

 

 

 

やはりその日も3時にお腹の痛みで目が覚める。

 

 

 

 

叫び声?が聞こえる。

 

 

廊下を歩きながら苦しむ声が聞こえる。

 

 

分娩前の妊婦さんのようだ。

 

 

もうすぐ産まれるんだなー

 

頑張れー

 

と心で思いながらエールを送る。

 

 

 

 

4時半頃までその声を聞いていた。

 

 

 

朝方まで仕事をしている今は仕事のパートナーの元夫に、夜中メールで泣き言に付き合ってもらっていた。

 

 

この日は討論になり、疲れるからもういいとやり取りを終わらせたが、彼とのいつものやり取りで精神的にとても楽になっていた。

 

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする