抗がん剤治療!副作用なし?!<1>

 

6月の入院から2ヶ月。

 

 

 

子宮腺筋症による酷い貧血

 

→大量出血

 

→入院

 

→手術

 

→輸血

 

→胞状奇胎

 

→退院

 

→胞状奇胎進行

 

→侵入奇胎

 

→肺転移

 

→入院抗がん剤治療

 

→退院

 

→通院抗がん剤治療・・・

 

 

 

 

ザックリ言うとこんな感じで

 

2ヶ月が過ぎた。

 

 

 

 

通院抗がん剤治療が始まる。

 

 

 

 

精神的にはだいぶ落ち着いて、

 

もう暴れる?ことはなくなった。

 

 

 

 

少しは素敵な自分に

 

なっていっているのかな〜

 

 

 

 

 

 

8月17日月曜日

 

 

抗がん剤治療2クール目の1日目

 

抗ガン剤メソトレキセート

 

 

 

 

初めて自宅からひとりで

 

バスと電車と歩きでの通院。

 

IMG_3974

 

 

胸が苦しい気がする。

 

 

 

 

気が弱ってるのかな?

 

 

 

 

歩いたからか?

 

 

ひとりだからか?

 

 

ブラしてるからだろうな。

 

 

 

 

 

 

先日頂いた電話の通り

 

 

先に採血をすませ、

 

 

化学療法室を探す。

 

 

 

 

 

 

抗がん剤治療オリエンテーションは、

 

 

化学療法(抗がん剤治療の注射)を

 

 

するときの順番とかやり方の説明。

 

 

 

 

 

すぐ注射してハイ終わり

 

 

ではないみたい。

 

 

 

 

 

 

採血の結果は、

 

 

特になにもなく、

 

 

白血球が急激に下がってないか

 

 

確認しただけだった。

 

 

 

 

 

 

なにも言わなかったが、

 

 

きっとあまりの調子よさに

 

 

疑問を持ったんだろう。

 

 

ということにしておこう。

 

 

 

 

 

 

1350右腕に注射。

 

 

入院最初に

 

注射してくれた先生だった。

 

 

 

大きい病院は広くて何するにも

 

歩いていかないといけないので

 

結構歩いた。

 

 

 

 

特に今日は、

 

受付からたらい回しだった。

 

 

 

 

歩けってことかな?

 

 

 

 

でも帰りはタクシーにしよう。

 

 

 

 

 

 

 

 

ふと考えた。

 

 

 

 

 

 

ずっと仕事仕事で走ってきて、

 

 

仕事が忙しいけん子ども産めんやん

 

 

って理由で産まなくて、

 

 

いざ欲しいってなったらできなくて、

 

 

産めるかもって思ったら

 

 

また突き落とされて・・・

 

 

 

 

これで結局授からず、

 

 

仕事もやめたら

 

 

私の人生は何をしてたんだろう?

 

 

ってなるなー

 

 

 

 

 

 

そんなことを考えていたため、

 

 

案の定、

 

 

元夫とそんな話になり大泣き。

 

 

 

 

 

 

泣きながら

 

 

3時間睡眠で目が覚め、

 

 

そこからまた

 

 

眠れず朝を迎えた。

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする