悶絶マッサージ!!

 

先日、同じマンションに住むMちゃんからマッサージのお誘いがありました。

とても有名な先生でなかなか予約も取れない凄腕の先生が、自宅まで来てくださるとのこと。

ただし、とても痛くてまるで拷問のようだよ。だけど、終わった後の爽快感と悪い気をすべて流しとってくれるからスゴイよ、と。

たまたま一人キャンセルが出たらしく、私達に連絡してくれました。

 

香港から帰ってきて2週間ずっと咳き込んでるダーリンに是非受けてほしいと思い、伝えると、おれはいいからあなたがやってもらいなさいとお互い譲り合い。

数日後もう一人出来るようになったよとのメッセージに飛びついて二人とも施術をお願いすることになりました。

 

 

そして昨日。

 

経験者のMちゃんとAちゃんから散々、痛いよ、拷問だよ、泣き叫ぶよと言われ続けていたけれど、まさかここまでとは思ってもいなかった。

 

 

ベッドではなく床にお布団を敷いていてくださいと言われたのでリビングに設置。

IMG_8685

 

まずは、ダーリンの施術。

全身をチェックしますね~と軽く触っているように見えたのだが、ダーリンは大騒ぎ!!

 

痛い~!!

 

そこからもあちこちで悲鳴があがる。

 

ただ、彼はその部分を触り始めた最初だけ大騒ぎしてあとは笑ってお話してる。

 

最初だけ痛いのかなと思っていたら、スイマーだけあって体の質がいい、あっという間に抜けるからすぐよくなるとのこと。

 

 

それって、なんの運動もしてこなかった私には当てはまらないよね・・・

彼でこのくらい叫んで逃げ回っているのに私どうなるんだろう・・・

どんどん怖さが増していく。

 

そしていよいよ私の施術。

 

チェックは確かに痛かった。でもまぁ想定の範囲内。

 

足のむくみがひどい、体が芯まで冷え切っている、血流が悪い、首回りで詰まっている、呼吸が出来ていない酸素がまわっていない、いろいろなものを溜め込んでいて滞っている。

水素水を飲んでいると言ってもそもそも水素水でやっつけてくれる活性酸素の酸素すらまわっていない。

と、私の身体はひどい状態だったらしい。

 

そして足の施術がはじまった。

 

これがもう痛いのなんのって、拷問と言っていた意味がわかる・・・

IMG_8687

 

 

そして涙が止まらない。

痛いからではなく、デトックス的な涙のよう。

どんどん流れていくのがわかる。

身体だけでなく滞っていたものがすべて流されていく。

 

スゴイ感覚になってきた。

 

首回りをやってもらう頃には、痛いとかは通り越して息が出来なくて苦しくて、でも生まれ変わっていっているのがわかって・・・

 

途中身体を温める方法や冷たいものをとらないとか足を温めるとかいろいろ指導を受け、改善にむけてやってみることを決断した。

 

施術が終わり、呼吸するってこういう事なんだという感じを実感。

酸素がめぐっていくのがわかる。

血流がよくなって血が流れているのがわかる。

気の流れが変わって、世界が違って見える。

滞っていたものがなくなり、スッキリしたのがわかる。

 

これをマッサージと言っていいものかわからない。

 

痛いどころではなかったけれど、そんなことどうでもいいくらいのスゴイことをしてもらった気がする。

 

生まれ変わった感覚。

 

このタイミングで素晴らしい出逢いを与えてくださったMちゃんとAちゃんに感謝します。

そして、先生に出逢えたことに感謝します。

 

ありがとう。

 

また、来月もよろしくお願いします。

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする