生命保険のお話 vol.11
~生命保険見直す機会2。衝撃の出来事!~

 

またまた生命保険を見直す機会が訪れた。

 

 

今の夫と出会い人生を共にすると決めて入籍する事になった。

最初は入籍予定はなく、事実婚で充分だと思っていた。

しかし、ある夫婦のお話を聞いて入籍を二人同時に決意し、入籍した。

 

そして、生命保険を見直す機会がまたまた訪れたのだ。

 

 

まずは人生設計の見直し。二人の今後や老後の話しをした。

そして受取人の変更。

 

元夫への新規事業資金の分は退職金代わりとそのままにしておいた。

 

 

ちょうどそのタイミングで、素敵なドル建の介護保険が出たので、もちろんすぐに申し込みをした。

 

 

簡単な医師の診査があり、病院へ行き、何事もなく終わり結果を待った。

 

 

 

数日後、特別条件で保険料プラス1万円との回答があった。

 

 

???

 

意味がわからなかった。

 

夫と確認をすると、医師の前でやったあっかんべー。これが引っかかったという。

 

???

 

意味がわからない。

 

 

私の目の下の部分が普通より白いから、とのこと。

それは貧血症状をあらわしているらしい。

 

べーってしただけ。たったのそれだけ。たったのそれだけで保険料プラス1万円!!

 

まさか?何かの間違いだよと、キチンと検査に行きちゃんとした数値を出してもらうことにした。

 

 

・・・間違っていなかった。

 

 

数値はとても悪く、普段の生活が富士山の上での生活と同じような貧血状態だと説明された。

 

その数値は謝絶対象だった。

 

確かに立ち眩みすることはある、階段を登ると息が切れる、などはあったがあまり気にしていなかった。

 

 

婦人科系の病気が原因のようだった。

 

そして、今後この病気が完治し貧血状態がなくならない限り、

新しい保険に普通に加入することは出来なくなった。

 

数ヶ月前は何事もなく普通に入れたものが、ベーひとつで入れなくなった。

 

 

先日就労不能(障害状態)をカバーする素敵な保険が出た。

そこがカバーされれば完璧!って思える保険だった。

トライはしてみるが、入れる可能性は低い。

 

 

生命保険は健康な時にしか入れない。

 

入る事が出来たならそれはあなたが健康だということ。

 

でもそれは、今だけなのだ。

 

 

少しでも若く健康なうちに準備を始めることで、安くお得な生命保険を持つことが出来る。

 

今回身をもって体験した衝撃の出来事だった。

IMG_5234

 

私の詳しい保険の内容は、次回!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする