そして抗ガン剤治療を終え完治へ…<2>

 

2016年1月13日

 

検査の日

 

 

とってもとっても素敵なランチの後、

 

病院へ向かった。

 

 

 

 

腫瘍マーカー hCG 1.5!!

 

 

 

 

前回の2.0から0.5下がった。

 

 

 

 

抗がん剤治療9クール目が終わって

 

1ヶ月が過ぎた。

 

 

 

 

GSPPだけで、

 

数値は下がっていっている。

 

 

 

 

陰性となる0.5まであと僅か。

 

 

 

 

少しずつではあるが下がっている。

 

 

 

「来週10クール目をしましょう」

 

 

 

 

先生は言う。

 

 

 

 

 

 

確かに

 

陰性になっても1,2クールはやるものだ

 

と再三言われている。

 

 

 

 

 

 

でも…

 

 

 

 

 

 

今やるとなると、

 

来週やって0.5以下になったとして、

 

0.5になってから1,2回ということは、

 

あと2,3回やる事になる。

 

 

 

 

 

 

それは避けたい。

 

 

 

 

 

 

やるとしてもあと1回でじゅうぶん。

 

 

 

 

 

 

1.5と0.5の違いは何?

 

 

 

どうして陰性になってもやるの?

 

 

 

0.8になったら?

 

 

 

0.6なら?

 

 

 

 

 

いろいろ質問したが、

 

納得して10クール目をする気になる

 

答えは返ってこず、

 

やらないということは

 

リスクがある事ですよと

 

説明されたが、

 

来週はやりません

 

と拒否し帰ってきた。

 

 

 

 

 

 

 

 

そもそもhCGとは?

 

 

 

 

今更ながらもう一度調べてみた。

 

 

 

 

hCG  ヒト絨毛性ゴナドトロピン

 

妊娠すると胎盤から分泌されるホルモンで、絨毛性腫瘍の細胞も産生するため、腫瘍マーカーとして用いられる

 

 

 

 

妊娠していないのに

 

この数値が出ている私。

 

 

 

腫瘍は常に増えようとしている。

 

 

 

 

抑えが効く間は増えずにいて、

 

抑える力が強くなると減っていく。

 

 

 

 

抗がん剤やGSPPが効いている時は

 

hCGも減っていく。

 

 

 

 

面白いのは、

 

副作用が出た8,9クール目の

 

抗がん剤をやった後、

 

数値が微妙に上がったこと。

 

 

 

 

腸が弱ってか

 

抗がん剤の耐性が出来たのか

 

抗がん剤が溜まりすぎたのか、

 

バランスが崩れて副作用がでた。

 

 

 

 

 

 

この副作用が出た時に限って

 

上がっている。

 

 

 

 

 

 

増殖を抑えきれなかったのかもしれない。

 

 

 

 

 

 

その後GSPPだけにしていれば、

 

増殖を抑えもちろん副作用もなく、

 

徐々に下がっている。

 

 

 

 

 

 

何処かのタイミングでGSPPだけに

 

切り替えてもよかったのかもしれない

 

と今は思う。

 

 

 

 

 

 

 

 

今日からGSPPの量を増やしてみる。

 

 

 

 

 

 

来週また検査なので、

 

結果が楽しみ。

 

 

 

 

 

 

hCG1.5が細胞の正常な状態でないなら、

 

きっと修復してくれて、

 

ドンドン下がっていくはず。

 

 

 

 

 

 

1.5が異常な状態でないなら?

 

他のところが正常になっていくのかな?

 

 

ふふふ

 

 

 

 

また来週を楽しみに…

 

IMG_5725

 

 

 

 

メッセージはこちらへどうぞ。

 

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする