そして抗ガン剤治療を終え完治へ…<3>

 

2016年1月20日水曜日

 

検査の日

 

 

 

抗がん剤治療を始めて170日が過ぎた。

 

 

 

半年。

 

 

 

あっと言う間だったが、

 

多くの未知の経験をさせていただいた。

 

 

 

 

 

先日、

 

故郷にて母と抗がん剤治療の話をした。

 

IMG_5786

 

 

9年前の母の抗がん剤治療の様子を

 

初めて詳しく聞くことができ、

 

共感すること、

 

称賛することが出来た。

 

IMG_5769

 

 

 

私の副作用経験は、

 

すべて合わせても10日分くらい。

 

 

 

 

 

母は抗がん剤治療をする度に、

 

10日間は寝込んでいたらしい。

 

 

 

 

 

体のあちこちが治りきらないまま

 

次の抗がん剤治療。

 

 

 

 

 

 

同居する祖母に言わないまま、

 

ベッドからほとんど出られない1年間を過ごしたという。

 

 

 

 

 

 

頭がさがる。

 

 

 

 

 

 

あんな思いを、

 

私のそれより酷いであろう状態を

 

繰り返し1年間。

 

 

 

 

 

 

それも祖母にバレないように…

 

 

 

 

 

 

 

 

考えただけでゾッとする。

 

 

 

 

 

 

 

私はとても恵まれている。

 

 

 

 

 

 

多くの人に助けられ、

 

守られ、

 

包み込まれている。

 

 

 

 

 

有り難い。

 

 

 

 

 

あの時あの人に会えたから、

 

あそこにいたから、

 

ああしたから、

 

こうしたから…

 

 

 

 

 

 

遡ればいくらでも遡れる。

 

 

 

 

 

 

この世に生まれて来たところから、

 

もしかしたらそれ以前からの

 

すべてのことに感謝しかない。

 

 

 

 

 

 

 

 

雪景色の福岡から晴天の東京へ帰ってきた。

 

 

 

その足で病院へ向かう。

 

 

 

 

 

腫瘍マーカー β-hCG 2.6

 

 

 

 

 

 

なぜ?

 

 

 

 

どういうこと?

 

 

 

 

前回の1.5から少し上がっているが、

 

先生曰く横ばい。

 

 

 

 

 

陰性になっても

 

1,2クールはやるものだから

 

来週やった方がいいと言う先生。

 

 

 

 

 

もう一週様子を見ます

 

と言い放ち帰ってきた。

 

 

 

 

 

 

ダーリンがいろいろ調べている。

 

 

 

 

カットオフ値やβ-hCGの標準値等々。

 

 

 

 

女性は3.0以下男性は2.0以下というのも出てきた。

 

 

 

 

なんとか納得できるものがないのか探すが、

 

なかなか見当たらない。

 

 

 

 

 

先生からは来週月曜日に科内で話し合いをして

 

連絡していただけることになっている。

 

 

 

 

でも、

 

私がやらないと言っている限り

 

科内で話し合っても

 

やりましょうとはならないんだろうけど・・・

 

 

 

 

 

 

来週、陰性になっていればいいなぁ。

 

 

 

 

 

メッセージはこちらへどうぞ。

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする