ダーリンの水泳生活<1>~決断~

 

贅沢三昧の北海道旅行の後、

 

彼は思い立った。

 

 

 

 

また泳ぎ始めて痩せると。

 

 

 

 

それは「決断」だった。

 

 

 

 

 

 

幼少期から喘息に悩まされ

 

入退院を繰り返していた彼は、

 

物心ついた頃から水泳に通っていた。

 

 

 

 

小学校高学年では、

 

ジュニアオリンピックに出るほどだったそう。

 

 

 

 

小学校高学年のある日の試合で

 

ライバルに負けた事をきっかけに

 

練習に行かずにいたところ、

 

1週間後の練習でついていけず

 

そのまま辞めてしまった。

 

 

 

 

その後喘息の悪化により、

 

中学時代の思い出は

 

入院していたことしか

 

思い出せないという。

 

 

 

 

 

 

大人になり、

 

市民プール等でたま〜に

 

泳ぐ程度だった彼は、

 

ある日を境にまた泳ぎだす。

 

 

 

 

その時も健康の為痩せるためだったそう。

 

 

 

 

最初の結婚があまりうまく行かず、

 

離婚寸前の頃、

 

マスターズ水泳にのめりこんだ。

 

 

 

 

そして、

 

離婚後の夏、

 

ジャパンマスターズの

 

30歳区分50m背泳で

 

見事に金メダルを獲得した。

 

 

 

 

そして、

 

また水泳から遠ざかる。

 

 

 

 

 

 

 

 

以前住んでいたマンションには

 

25mプールがついていた。

 

 

 

 

「25m」のプールがあることは

 

入居の決め手のひとつになった。

 

 

 

朝7時からプールを使えることも

 

そのひとつだった。

 

 

 

 

しかし、

 

ギネスに挑戦した時以外は

 

月に1度泳ぐか泳がないかの2年半だった。

 

 

 

 

 

 

そして、

 

人生最高記録を更新した体重に

 

嫌気がさした彼は、

 

決断した。

 

 

 

泳いで痩せる!!と。

 

 

 

 

 

 

昨年11月から始めた水泳は

 

1日2時間×2回のペースで毎日続いた。

 

 

 

 

そして、

 

そのペースで続けた彼は

 

あっという間に10kg痩せた。

 

 

 

 

彼の決断は、

 

そこからさらに発展した。

 

 

 

 

 

マスターズの試合で勝つ!!

 

 

大会記録!!

 

 

日本記録!!

 

 

世界記録!!

 

 

今年の書初めも「世界記録」!!

 

 

 

 

 

私は彼の決断を応援する。

 

 

 

 

ダーリンはきっと世界記録を出す。

 

 

 

そのためにはどうしたらいいかを

 

勉強しサポートする。

 

 

 

こういうのがとっても楽しいし嬉しい。

 

 

 

 

 

今年1月の復帰戦では

 

早速男子50m背泳ぎ40歳区分2位、

 

混合メドレーリレー4×50m

 

ぶっちぎりの1位!!

 

 

それも大会記録にあと0秒38という速さ!!

 

という結果。

 

 

IMG_1603

 

 

 

 

 

私にできることは、

 

マネージメント。

 

 

 

 

健康管理、

 

食事管理、

 

時間管理、

 

モチベーション管理。

 

 

 

 

それと大会の日に土鍋ごと持って行って

 

その場でおにぎりを作ること。

 

 

 

 

 

 

彼の決断が

 

周り(私)を動かし

 

スゴイ記録に

 

繋がっていく!!

 

 

 

 

 

いつか

 

 

そう遠くない将来

 

 

世界記録の報告をします!!

 

 

 

 

お楽しみに~

 

IMG_1595

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする