アルゼンチンタンゴ<3>

 

初心者コース第2回目のレッスンに行ってきた。

 

 

前回購入した新しいタンゴシューズ。

 

IMG_1423

 

 

このカッコいい靴を履くことが出来るだけでも

 

とっても楽しみなレッスン。

 

 

 

ビルのエレベーターでコーチペアと一緒になった。

 

「ふたりで通うと長続きするからいいですよ~家で練習も出来るし。」

 

確かにその通りだと思う。

 

 

 

誰かと一緒にできるっていい。

 

それがパートナーならとてもいい。

 

 

毎日がさらに楽しくなる。

 

 

共通のことってとても楽しい。

 

 

 

 

レッスン場に入り靴を履き替える。

 

鏡の前でウットリ。

 

なんてカッコいい靴。

 

幸せだなぁ。

 

 

 

でも・・・

 

8㎝のピンヒール、

 

 

 

あ、あしが・・・

 

 

 

1時間もつのだろうか?

 

と思いながらも

 

レッスン開始。

 

 

 

 

 

前回のステップ「サリーダ」を

 

家でダーリンと何度か練習した。

 

 

 

それでもおぼつかない足元。

 

 

 

それに今回は手がついた。

 

 

 

 

立ち方、右手の位置、左手の位置、

テンションをかける、頭の位置、顔の向き・・・

 

 

形を整えて動き出す。

 

 

男性のリードを感じて動く。

 

 

 

レッスンでは

 

コーチや助っ人(?)先輩を含む

 

男性と交替しながら踊る。

 

もちろんダーリンを含む初心者の男性とも組む。

 

 

 

先輩方やコーチと組むと

 

リードしてくれる分とても踊りやすい。

 

 

 

同じ初心者の方とは

 

お互い確認しあいながら

 

切磋琢磨。

 

 

 

これはこれで楽しい。

 

 

 

 

今回はペアの形を教えてもらったので

 

アルゼンチンタンゴの形になってきた。

 

 

 

 

もちろん踊れているかといえばまだまだだけど

 

踊る練習をしているような形にはなった。

 

 

 

 

途中、

 

先生が立ち方と体重移動を丁寧に教えてくれた。

 

 

はい、そこで止まって~

 

う・・・

 

ピンヒールの足が痛い。

 

 

 

ずっとつま先立ち状態は結構きつい。

 

 

 

片足に体重を乗せて

 

はいそこで止まって~

 

 

う、足がプルプルしてくる。

 

足を踏みかえなんとか頑張る。

 

 

 

 

立つだけでもこれは鍛えられる。

 

 

ヒールで立つ練習が必要だ。

 

 

 

 

でも、これもまた楽しい。

 

 

 

大好きな漫画に出てくるプリシラのよう。

 

purisira

(昴(9) 曽田正人著)

 

 

 

ひとつひとつの動作だけでも楽しいと

 

楽しいの連鎖ですべてが楽しくなる。

 

 

 

 

 

あっという間の1時間。

 

 

 

 

今回は「立つ」ことの大切さ楽しさを満喫。

 

 

 

 

あ~幸せ♡

 

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする