貴方の大切な人は私の大切な人♡

 

ダーリンGが私を特別な人と思ったきっかけが、

「貴方の大切な人は私の大切な人」という私の言葉だったらしい。

 

彼と知り合って仲良くなった矢先、電話で
「好きな人ができたからもう二人で逢ったりできない。」と言われた。
この時の私の答えは

「よかったね~」だった。

言ってから自分でもビックリした。
好きで好きでたまらない人なのに、好きな人が出来たことを喜んでいる自分。
電話を切った後、涙も出ないことにさらに驚いた。

 

これってどういうこと?

 

じっくり考えた。

彼が幸せで嬉しい。
そこまで夢中になれる人に出逢えたんだ。
彼が嬉しい事は私の嬉しい事なんだ。

 

これって実はとても気持ちいい。

 

大好きな彼が大好きになった人。

そりゃあ素敵な人でしょうとも。(実際とっても素敵な人だった。)
これで彼はさらに幸せになる。
それは応援しますとも。と。

それを言葉にして伝えた。

 

貴方の事を大切にしてくれる人、貴方が大切に思っている人は私にとっても大切な人。

 

だって貴方が幸せでいるんだものそれが一番嬉しい。

 

彼にとってこれは衝撃的だったらしい。

 

貴方の幸せは私の幸せ!となり、そして今、私の隣に彼がいる。

p2

 

今でも変わらず、

貴方の大切な人は私の大切な人♡

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする