遺言書を書こう!!素敵な私である為に…<11>

 

7月24日金曜日

 

 

造影剤を注射して

 

CT検査は

 

なんだかあっけなく終わった。

 

 

 

 

 

7月27日月曜日

 

 

 

結果発表の日。

 

 

 

 

 

予約時間から遅れること70分。

 

 

 

やっと問診室に入った。

 

 

 

 

 

 

 

結果は、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

胞状奇胎が

 

 

 

 

 

 

 

侵入奇胎となり

 

 

 

 

 

 

 

肺に転移している。

 

 

 

 

 

 

 

 

MRIの画像に

 

 

 

 

数十個の

 

 

 

 

腫瘍らしきものが

 

 

 

 

確認できた。

 

 

 

 

 

 

 

胞状奇胎となる確率が

 

 

1/500妊娠。

 

 

 

 

そのうちの

 

 

1/10が侵入奇胎となり、

 

 

 

 

それから肺に転移する確率が

 

 

3/10らしい。

 

 

 

 

 

 

私は

 

 

 

 

 

3/50000妊娠の確率で

 

 

 

 

 

 

 

 

 

肺に転移した。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

東大病院でさえ

 

 

 

 

年に1人か2人いるかいないかの

 

 

 

 

確率らしい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

金曜日から入院して、

 

 

 

 

月曜日から金曜日まで

 

 

 

 

抗がん治療5日間

 

 

 

 

とのことだった。

 

 

 

 

 

 

 

他に治療法はない

 

 

と。

 

 

 

 

 

 

 

これで治る

 

 

と。

 

 

 

 

 

 

 

それは私にとって、

 

 

 

 

 

 

最終宣告に思えた。

 

 

 

 

 

 

 

もう子どもは諦めなさい

 

 

と。

 

 

 

 

 

 

 

子どもより自分の体が大事でしょ

 

 

と。

 

 

 

 

 

 

 

死んだら意味ないでしょ

 

 

と。

 

 

 

 

 

 

 

 

そうなのかしら?

 

 

 

 

 

 

と、ふと横切る思いもある。

 

 

 

 

 

 

 

それでも1年半後か2年後か

 

 

子どもは授かりものやけん

 

 

どうなるかはわからないよ

 

 

と囁きが聞こえる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でも先生は言う。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「まだいない子どもより

 

 

自分の体が大事でしょ。

 

 

死んだら元も子もないでしょ」

 

 

と。

 

 

 

 

 

 

 

 

そうねとその場は納得させ、

 

 

 

 

笑顔で同意する。

 

 

 

 

 

 

もう子どもは諦めろ

 

 

 

 

と、

 

 

 

 

頭の中で響き渡る。

 

IMG_3500

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする