遺言書を書こう!!素敵な私である為に…<22>

 

そして私は、遺言書を仕上げた。

 

 

 

 

遺言書

 

 

 

遺言者○○○○(○○年○月○日生)は、以下の通り遺言する。

 

 

1.遺言者にかかる一切の財産を夫○○○○(○○年○月○日生)に相続させる。

 

2.遺言執行人を夫○○○○とする。

 

3.付言事項

 

 

 

記入日・住所・氏名・押印

 

 

 

 

 

 

これだけ。

 

 

 

 

 

これで、

 

法定相続人である

 

ダーリンと私の両親とで

 

もめることはない。

 

 

 

 

付言事項として、

 

ダーリンに両親や姉妹、甥姪、

 

元夫へのプレゼントや

 

お願いごと

 

やって欲しいことを書いておく。

 

 

 

 

 

大きい財産があるわけではない。

 

 

 

 

 

ただ、

 

私が今いなくなると

 

両親が路頭に迷う可能性がある。

 

 

 

 

そこはダーリンにお願いする。

 

 

 

 

 

 

 

遺言書を書くことで、

 

ダーリンと私の家族が

 

さらに仲良くなる。

 

 

 

 

 

こんな素敵なアイテムは

 

使っておいたほうほうがいい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

母方の祖父が亡くなったとき、

 

相続争いが生じた。

 

 

 

 

 

 

そのおかげで、

 

仲がよかったはずの親戚一同

 

誰とも付き合いがなくなった。

 

 

 

 

 

 

兄妹なのに、

 

従姉妹なのに、

 

親戚なのに…

 

 

 

 

 

 

そんな想いを

 

遺言書ひとつあるだけで、

 

しなくてすむなら安いものだ。

 

 

 

 

 

 

あの時、

 

祖父が遺言書を書いてさえいれば、

 

こんな結果には

 

なっていなかったかもしれない。

 

 

 

 

 

 

 

世の中のそういう争いが

 

未然に防げるかもしれない

 

遺言書を書くという活動を、

 

今、

 

ダーリンが一生懸命勧めている。

 

 

 

 

 

 

 

死にそうだから

 

 

遺言書を書くのではなく、

 

 

安心して生きていくために

 

 

遺言書を書く。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もしもの時、

 

争いなく幸せに

 

みんなが仲良く

 

していられるように・・・

 

 

 

 

 

 

こんなふうにならなければ、

 

私も真剣には

 

考えなかったかもしれない。

 

 

 

 

 

でも、

 

 

 

 

人は

 

 

 

 

いつどこでどうなるか

 

 

 

 

わからない。

 

 

 

 

 

 

 

この抗がん治療で

 

 

治る

 

 

と言われている。

 

 

 

 

 

 

それでも

 

 

いつどこでどうなるかなんて

 

 

誰にもわからない。

 

 

 

 

 

 

遺言書は

 

 

遺書とは違う。

 

 

 

 

 

 

残された家族のために

 

 

愛する人達の

 

 

その後の幸せのために

 

 

元気なうちに書いておく。

 

 

 

 

 

 

 

何度、書き直してもいい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

遺言書を書き終え

 

 

とても穏やかな

 

 

清々しい気持ちになった。

 

IMG_3971

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする